11月20日『Real&Online交流会』のお知らせ

住民投票おつかれさまでした 大阪市存続やったー(*^▽^*) Real&Online交流会 11月20日午後7時より 党淀川東淀川地区委員会と、オンラインでの交流会を行います。 初めて宣伝したよ、スタンディングしたよなど、アクションしたことや嬉しかった対話など、想いのたけを交流しよう!!これからのこともちょっと話したいです! ご参加希望の方は下のメールフォームより連絡ください。 参加方法等をメールでお知らせします。

住民投票の結果について

 「住民投票」は、再び大阪市廃止に「反対」が多数となりました。多くの市民のみなさんが、最後まで悩んで投票されました。「賛成」と投じた方、「反対」と投じた方、すべての方々と力を合わせて、政令市の力を生かした、新しい大阪市をつくるために力を尽くして参ります。  今回の住民投票では、広範な市民が「反対」での投票を呼びかけました。なかでも医療・社会福祉、保育・学校関係、自営業者など、コロナ対策や相談活動に取り組んでおられる個人・団体の方々が、大阪市廃止に「反対」を呼びかけられたことは、大阪市のコロナ対策に対する切実な願いの現れであり、現場の声に真剣に耳を傾け、緊急に対策を進めることが求められます。  いま、大阪府・大阪市が行なわなければことは、新型コロナ対策です。とりわけ、第三波の感染拡大に備えた対策が必要です。なかでも大阪市内の感染対策が喫緊の課題です。 大阪市・大阪府が、コロナ感染の防止、暮らし・営業を支える対策を取るよう求めて、みなさんと力を合わせて、より良い大阪市を築くために奮闘する決意です。 二〇二〇年十一月三日 日本共産党淀川・東淀川地区委員会 【地区委員長】宮島 正 【大阪市会議員】てらど月美 【大阪市会議員】長岡ゆりこ

パート2の「都構想」トークライブをご覧いただけます

10月7日に生放送した『「都構想」って何なん?トークライブ』のパート2をYouTubeからご覧いただけます。 15分前後にパート分けしたものもご覧いただけますので、ちょっと空いた時間に視聴いただけます。 全編(約1時間30分) 以下小分けされたパートです

9月27日、淀川区と東淀川区各地で街頭宣伝

9月27日、淀川区と東淀川区の各地で日本共産党の街頭宣伝を行い、「大阪市廃止反対で、コロナ対策優先の大阪市を。市民と野党の共闘で希望をひらく政権へ」と呼びかけました。 淀川区では、てらど月美市会議員と、宮本たけし前衆議院議員・大阪5区国政対策委員長が。 東淀川区では、長岡ゆりこ市会議員と、宮本たけし氏がマイクを握りました。 また、各地で地元の方たちもマイクで思いを語ってくれました。 【塚本駅前】健康友の会・田中勝さん コロナのもとで、十分な議論ができないのに、住民投票はするべきではない。説明会の資料も、メリットばかりで公正な内容になっていない。 【マックスバリュー】民間保育園、園長の村上より子さん 保育の現場は「三密」を避けられず、コロナ対策で疲弊している。 【淡路駅前】菅原在住の元小学校教員・小林優さん 小中高校の少人数学級を呼びかけた宮本プランに全面的に賛成。 【関西スーパー瑞光店前】東淀川民主商工会・稲富元樹事務局長 コロナ禍で自営業者の経営が厳しくなっているもとで、大阪市が営業を支えることを最優先で進めるため、大阪市廃止に「反対」しよう。

9月17日コロナ対策で長岡ゆりこ市議が質疑【大阪市会】

9月17日の大阪市会民生保健委員会で、長岡ゆりこ市議が新型コロナの感染拡大を抑えるためにPCR検査体制の拡大・拡充するよう求めました。 録画映像は下のYouTubリンクからご覧いただけます 長岡市議は、新型コロナ対策での福祉分野の補正予算案には、国の補正予算に基づく事業ばかりで、大阪市独自の対策がないと指摘しました。福祉局は「各種の支援策は(国の責任で)全国一律に実施すべきもの」と答弁しました。 長岡市議は、堺市などの独自施策の例を示し、大阪市には「いざというとき」のために使う、財政調整基金などの貯金が1300億円あると指摘。「(大阪市廃止・分割の)住民投票には10億円も使う。ため込んでいる1300億円を使い切ってでも、市民の命を守るための独自施策を行う方が重要だ」と強調しました。 YouTubチャンネルはこちら